プロフィール

小川昌幸

Author:小川昌幸

弁護士が提供するサービスを、より身近にご利用いただけるよう工夫していきたいと思っています。

業務に関しては、弁護士法人せせらぎ法律事務所のホームページ交通事故専門サイトをご覧ください!

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「母校でのOB出前授業」2016-08-31(Wed)

来月に、母校の高校で昨年に続いて出前授業の講師をやることになりました。

いただいているテーマは「現在の仕事内容、大学進学時の学部をどう選択したか、高校大学時代に何をするべきか」です。

いろいろとアドバイスを考えたのですが、自分の高校時代を思い返してみても、先生や大人のアドバイスなんて何にも覚えていません。

なので、アドバイスはやめて、個人的にこれまで最大のライフイベントである結婚、ではなく、大学での転学部(工→法)を中心に話すことにしました。

そこで、絵があったほうが眠くならないだろうと思い、自宅で大学時代の写真を漁ってみると、結構あるものですね。

当時の写真はフィルムの現像ですよ。時代の変化が早いのか、ただ年をとっただけなのか。

ありのままの姿みせるのよ、ってことで写真を選んでいますので、大学時代のものはずっとこんな感じです。

寝る

昨年の経験を踏まえると、現役高校生のリアクションは到底望めませんので、一人舞台をやりきって、今年もまた満身創痍で講義を終えたいと思っています。

ついでに私の若い頃の写真も見つかりました(^^)

俺
スポンサーサイト

「自在」2016-07-20(Wed)

「人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。ぼくは逆に、積み減らすべきだと思う。財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。」

最近は、起きている限り目一杯働いているので、先のことを考える時間がありませんが、かえって今を燃焼できている実感を持てているので、久しぶりに心身共に爽快に働いています。

新しい立場で、今までより深く頭を下げられるようになりましたが、やりたくない仕事をやらないぞという気持ちも強くなりました。少し矛盾していますけど。

少し前から動き始めていたことで自分に投げかけた危険な問いを、たやすく乗り越えた自分にも驚きを覚えつつ、やるからには中途半端じゃいかん!と発奮しています。

だんだん意味のわからない文章になってきましたね。

最初の文章は、岡本太郎「自分の中に毒を持て」の冒頭の一文です。

自在っていいですよね。

「決断疲れにならないために」2016-04-08(Fri)

少しの間、弁護士業のほうで集中力が必要だったので、フェイスブックのアプリを携帯から消したり、ブログをクローズしたりして情報のアウトプットを減らしていました。

が、ひとまず峠を越したので、ブログから再開してみます。

しかし、ブログとフェイスブックから遠のいてみると、かなりラクに暮らせるということも今回よく分かりました。

ブログでもフェイスブックでも、何かを表現するということは、どうしても、それがどう受け取られるかということを考えずにはいられません。

そもそも、他人の目に触れるものを書くということは、膨大な取捨選択の中から書くことを決め、その表現を選び、自分の表現したいことであるかどうか、それが相手にどう伝わるか、ということについて意識的・無意識的に判断しながら書いているはずです。

日中、弁護士業務のなかでも、面談、方針検討、経営、時間の使い方などで膨大な判断を行っていますが、さらにブログやフェイスブックを書くことで、さらにその負担をしていることになります。

書くことも仕事の大きな部分を占めているので、慣れているといえば慣れているのですが、あまりに膨大な判断を「処理」するようになってくると、判断のクオリティが際立ったものにならず、判断自体の充実感や楽しさもなくなってきます。

しばらく前、バラバラの柄と素材になってしまった靴下を一度に全部捨てて、グレーの同じものをまとめて買ってきたところ、その日に着るスーツの色を考えたり、靴下を取るために電灯をつけたりという判断と手間がなくなり、すごくラクになりました。今度は、肌着もそうしてしまおうと思っています。

私は、基本的に自分のことにはあまり関心がなく、人には興味があって頑張れるので、今の仕事は向いていると思っています。

なるべく良いコンディションで良い判断を提供できるように、自分の身の周りと自分の行動はシンプルでありたい、と改めて思っている今日この頃です。

「上州太田七福神めぐり」2016-01-10(Sun)

朝の散歩の途中に、呑竜様こと「大光院(だいこういん)」をスタート地点とする「上州太田七福神めぐり」のイベントに遭遇したので写真を撮りました。

曹源寺、永福寺、玉巌寺、金龍寺、大光院、受楽寺、長念寺で7つで、私はこのうち永福寺、玉巌寺には足を運んだことがありませんが、みな地元では馴染みの深いお寺様です。

ウォーキングでめぐるので、健康に良いことはもちろん、新春の清々しい空気の中で体を動かすというのは、気分の良いことこの上ありません。

これをきっかけに、地域の歴史文化にも興味を持てる、とても良いイベントだと思います(ので、来年は歩きたいと思います)。

2016_01_10_0159.jpg

2016_01_10_0160.jpg

2016_01_10_0161.jpg

2016_01_10_0162.jpg

「ニューイヤー駅伝2016・初詣」2016-01-06(Wed)

このブログは、当初は、個人再生手続などの硬いテーマを解説していましたが、最近では、ずいぶんゆるい投稿になってしまいました。

今年は、それをさらに進めて、私の住む地域のイベントや風習、歴史的遺産などについて、写真と共に1年間綴ってみたいと思います。

まずは、年初めの「ニューイヤー駅伝2016」そして、大光院での初詣です。今年は大吉でした。

2016_01_01_0080.jpg

2016_01_01_0081.jpg

IMG_2758.jpg

2016_01_01_0153.jpg

2016_01_01_0147.jpg

「あけましておめでとうございます」2016-01-01(Fri)

本年も、引き続きのご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

今年は、創業から経営、廃業・事業承継までの事業のすべてのステージでの法的サービスを充実させるため、弁護士業界の括りにとらわれることなく、幾つかの仕掛けを立ち上げたいと思っています。

当然、個人としても研鑽を続けなければなりませんので、心機一転、気を引き締めて頑張りたいと思います。

毎年のようにお賽銭と共に願う3つのこと(内容は秘密)を今年も願いつつ、心身共に1月4日の仕事始めに備えたいと思います。

「良いお年を」2015-12-26(Sat)

いよいよ今年も終わりに近づいていますね。

私は年末年始に次の一年の方針や計画を立てるようにしています。

今年はどちらかというと守備の年でしたが、その中でも将来に向けた活動も幾つか始められた気がします。
いずれにしても、健康で家族仲良く過ごしていたいものです。

皆様も良いお年を。

「応募してみた」2015-12-12(Sat)


とりあえず二次審査の日の日程は空けておこう^_^

「お手伝い」 2015-11-11(Wed)

先週末は、お手伝いをしている団体のシンポジウムに参加(受付係)していました。

多く方に地元の歴史に触れていただき、住んでいる地域に愛着を持ってもらえればと思っています。

「金山(かなやま)」2015-09-29(Tue)

ちょっとした必要があって、地元の金山(かなやま)を撮影してきました。



自分の住んでいる地域のことを知るって、とても大切なことだと思います。

「創業支援」2015-09-19(Sat)

せせらぎでは、起業を志す方々を支援しています。

かく言う私も、もちろん、起業大好きです。

今日から、12回、創業スクールに通います^ ^



忙しさの上に、さらに自分を追い込んでいるような気がしますが、きっと気のせいです…

一緒に、チャレンジし続けましょう^ ^

「おおたdeまちゼミ」2015-09-19(Sat)

今年も参加します。まちゼミ。

連休明けの24日から受付を開始しますので、折り込みチラシや商工会議所のHP、各参加店のチラシなどで日程を確認していただき、興味をもった講座に、ぜひご参加ください!

「夏の終わり」2015-09-07(Mon)

週末は、地元企業の納涼祭(花火大会)と、金山清掃に参加してきました。



清掃をしている姿の写真はないので…金山の歴史のご紹介を^ ^


9月になって涼しくなると、今年も終わりが見えてきます。

年初に整理した課題や目標などを改めて見直しながら、残りの4か月を充実させて過ごしたいと思います。

「勝負の先へ」2015-07-31(Fri)

先日、高校野球の県予選、準々決勝戦に母校の応援に行ってきました。

高校時代は、吹奏楽委員会に所属してブラバンとして楽器を吹いてましたので、とても久しぶりの応援でした。

意外にまだ覚えていた応援歌や、愉快だね節を歌い、懐かしくなりました。

今年は、学年の同窓会があり、野球の応援をし、9月には母校のOBとして在校生(1年生)に講演する予定があるなど、母校との関わりが深い年になってます。

高校時代のことを思い出すと色々な思いもありますが、あの頃がなければ今もない、ということだけは否定できません。

私よりも若い人にも、どんな時間を過ごしたとしても、先へと進んでいって欲しいと思います。

「一途に」2015-06-13(Sat)

先日、大隅 俊平(おおすみ としひら)美術館に行ってきました。

刀匠で人間国宝だった方が太田市にいた、ということは目や耳にしていましたが、市立の美術館まであるとは知りませんでした。

日本刀ブームでもあるので、刀を眺めようと一人でふらっと行った所、お茶とお菓子まで振舞われてしまい、不意にゆったりした時間を過ごすことになりました。

太田市とその周辺の方々は、ぜひ一度、ご覧になられると良いと思います。

「吉田弁護士」2015-06-02(Tue)

4月から当事務所に参加した吉田聡弁護士です。

本当に真面目で手抜きをしない男です。

皆様のご依頼にしっかり応えて、頑張らせます^_^

「ここ最近の業務」2015-05-13(Wed)

事務所にご依頼いただく業務のほかに、最近、個人的に取り組んでいるお仕事をご紹介します。

【事業承継対策】
親族間の事業承継のみならず、外部のM&A仲介サービスを利用しての企業の売却も視野に入れた事業承継のサポートをしています。

【コンテンツ産業】
著作権、出版権、音楽データ等の原盤供給(ライセンス)契約などのチェックや新規起業のお手伝い。

【セミナー講師】
学習塾にまつわる法律問題や、相続の一般的なお話などの講師をしています。

【海外取引のサポート】
これは私一人ではできないので、東京の渉外弁護士やコンサルタントと協力してもらい、サービスを提供しています。

群馬県太田市でも、都会並みの法的サービスが受けられるようにしたいと思っていますので、チームを作り、東京ともネットし、その中で自分の専門性も高めて行きたいと思っています。

今回は、広告でした(^^)

「夕陽と見るか、日の出と見るか」2015-04-06(Mon)

せせらぎ法律事務所のホームページのトップの画像は3枚の写真がスライドするようになっています。

そのうちの一枚の写真は、とある南の島のビーチサイドのホテルで撮ったものです。

そこに書き加えた一文が、今回のタイトルです。

裁判などは、多くの場合、自ら望むものでもなく、無駄で、嫌なものですので、なんでこんなことになったんだろうと落ち込むことも多いものです。

しかし、これまた多くの場合、それを引き起こした遠因は、これまでの自分を取り巻く経緯や行動によるものであることが多いものです。

何かが起きた時、これで自分は落ち目だと思って誰かに不満を持つのか、潜んでいた本当の課題に向き合う機会を得たと前向きに捉えるか、そこが人生の分かれ目です。

人生の分かれ目は、常に自分の中から生じます。
自分に起きたことを解決する力は、誰にでもあります。

良いチャンスじゃないですか、これからがスタートですよ、と物の見方を変えられる弁護士になりたいという願いを、トップページの画像とコメントに託しています。

さあ、新年度です。
張り切っていきましょう。




「東京支所」は「東京立川支所」へ2015-03-30(Mon)

日本橋の桜が綺麗です。



4/1から、せせらぎ法律事務所の東京支所は、東京立川支所として、東京都立川市に移転します。

八重洲の旧東京支所は、事務所機能は廃しますが、常設のミーティングルームとして存続します。

今後も、群馬県太田市、東京駅八重洲北口、東京都立川市をネットして、地域で唯一のサービスを開発し続けます。

引き続き、当事務所をご愛顧ください^_^

「せせらぎカフェ」2015-03-27(Fri)

週末、100円ショップで買った消しゴムスタンプを削り出して、オリジナル紙コップを作ってみました。



慣れてきたら、お客様にもお出ししますね。

「おおたブランディング大賞」2015-02-25(Wed)

先日、太田商工会議所青年部の主催の「おおたブランディング大賞」において、特別賞をいただきました。

私どものような裏方の稼業を取り上げていただき、光栄の至りです。

事務所としても、個人的にも、街の活性化などに少しでも貢献できたらいいな、と思ってます。

「ディスカバリー ジャパン」2015-02-20(Fri)

今夜の、ではない浅草寺の夜景。





浅草、秋葉原は日本の宝ですね。

「事業再生」2015-02-18(Wed)

私の好きな業務分野一つが、事業再生です。

単独で再建していくケースもありますが、これまでの多くの案件で、新会社の設立や、事業譲渡と破産、事業譲渡と特別清算などを組み合わせて再建しています。

どの手法が取りうるかは、企業の状況や業種によっても様々で、一つとして同じようには行きませんが、そこが仕事としての楽しさでもあります。

様々な手法を身につけて、太田市でも全国に遜色ない事業再生のサービスをしたいと、いつも、思ってます。

今日は出張。

「不動産物件情報、M&A情報」2015-01-28(Wed)

 短めの更新を。

 現在、自動車関連の工場不動産(太田市)、賃貸アパート(館林市)、金属加工の会社(群馬県内)を売り側で関与しています。

 ご興味のある方は、ご連絡ください。

 実は、弁護士って、不動産や会社の売り買いの情報を持っているんですよ(^^)

「今年は、写真投稿でブログを更新してみます」2015-01-12(Mon)

最近は、かつてのように個人再生のイロハをブログで解説しようとか、事業承継を弁護士がどうサポートするかを知ってもらおうとか、そういうモチベーションが下がり気味なので、なかなかブログが更新できずにいます。

そこで、今年は、写真投稿を中心に、ブログを更新してみることにします。

初回は、新年ですので、縁起の良さそうな新旧タワーからスタートです。



東京タワーは、新春の芝の増上寺からのショットです。



今年もよろしくお願いいたします。

「業務改善」2014-12-16(Tue)

 弁護士が増えたということもあると思いますが,最近の若い弁護士の取り組みには目を見張るものがたくさんあります。

 まだ広告などない世代の弟子っこ世代である私から見ると,それはちょっとどうなんだろう,と躊躇するようなことも果敢に踏み込んでいき,一部の批判を受けながらも,相談者,依頼者,顧問先から支持を受けている弁護士も多いように感じます。たとえば,広告の手法だったり,電話やメールでの相談だったり,見るからに営業活動のようなものであったり。

 それはちょっとどうなんだろう,と思っている間に,時代が先に行ってしまうということもあるのでしょうし,変わらず大切にすべきものを失っているのだという捉え方もあるでしょう。

 一つ言えることは,提供する側が克服できる課題であれば,利用する側の立場でサービスを実現していくべきだということです。

 弁護士も,そうしたあたりまえの姿勢を身につけ始める入口くらい(まだだいぶ遠いですね(^^;)までは,来ているのかもしれませんね。

「研修三連発」2014-11-17(Mon)

 先週の月火水は、仙台市で認定支援機関向けの「海外展開支援事業」の研修を受けてきました。

 本日は、日弁連(霞ヶ関)で、「破産民事再生の申し立て実務」の研修を受けてます。

 明日は、宇都宮市で「経営者保証ガイドライン」の研修です。

 中小企業の支援のため、日々、最新の情報を仕入れてますので、展開でも廃業でも、なんなりとご相談にいらしてください。

「話すとき」2014-10-22(Wed)

 弁護士というと,流ちょうな話術で,するどい説得力があって,というようなイメージがありますが,私などは,ちょっと違うかなと思っています。

 実際に,業務の中でも人に話している時間よりも人の話を聞いている時間のほうが長いですし,そもそも弁護士になるにあたって話す訓練を受けたこともありません。

 話すこと自体はそれほど得意ではない,と自認している弁護士も少なからずいるように思います。かくいう私もその一人です。

 もちろん,相談室や法廷や相手方との交渉では話しますが,紛争や訴訟では要点を絞って意味のある部分だけ簡潔に話しますし,交渉でも相手を説得するようなことはほとんどありません。法廷で大演説をうっても誰も聞いてくれませんし,残念ながら,人は他人に説得されるということはほとんどありませんので。

 実際には,相手の話をよく聞いて,周到に準備をし,公平な観点で状況を理解しあい,相手に共感しながら雑談をするというようなところで,多くの事案は解決していきます。

 しかし,そんな私でも,しゃべりすぎてしまうときがあります。

 それは,後輩と話すときです。

 弁護士の後輩や,法曹を目指す後輩,高校生や中学生などの人生の後輩です。

 後輩と話す時も,しっかり聞いてあげよう,と思って話し始めるのですが,気が付くと自分のほうが話している時間が多くなってしまいます。

 役に立ってあげようという気持ちなのか,後輩によく思われたいという見栄なのか,過去の成功体験を自慢したいのか(^^;

 もっと後輩や家族の話をしっかり聞けるようになったら良いのにと,たまに反省しているアラフォー弁護士のつぶやきでした。

「忙中閑あり」2014-10-17(Fri)

 継続は力なりという記事を書いてからしばらく時間が経ってしまいました(^^;

 弁護士の繁忙期というのがあるのかどうか分かりませんが,8月に裁判所の休廷期間というのがあるので,そのしわ寄せで,9月は裁判期日などが立て込んで,慌ただしくなりがちです。

 その9月を乗り切ると,次の波は12月でしょうか。

 やはり,今年のことは今年のうちにという心理が働くのか,ただ日数が少ないからなのか,どの業界でもそうなのでしょうが,年末は慌ただしくなりますね。

 反対に,3月末から4月頭の年度替わりのころは,予定に余裕があることが多いようです。この期間に,旅行に行く弁護士も多いような気がします。2月くらいから長期で休んでしまう大胆な(恵まれた環境の)人もいるようです。

 最近,幾人かの方に聞かれたので,そんなことを書いてみました。暇そうに見えたのかもしれません(^^)

「継続は力なり」2014-08-21(Thu)

 私自身は,熱しにくく冷めやすいタイプなので興味や関心が目移りしがちですが,最近,色々な集まりに参加させていただくことが多くなり,やはり継続は力だなぁ,と実感しています。

 50年以上続く団体,3000回近く開かれている会合,100回を優に超えるゴルフの集い,30年以上続いている交流会などなど。

 末席に加えていただいている私には,気が遠くなるような期間とその間の蓄積に敬意と感謝の気持ちを感じずにはいられません。

 あまり先の事を考えると本当に気が遠くなってしまいますので,あまり気負わずに,自然体で参加させていただこうと考えている,今日この頃です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。