プロフィール

小川昌幸

Author:小川昌幸

弁護士が提供するサービスを、より身近にご利用いただけるよう工夫していきたいと思っています。

業務に関しては、弁護士法人せせらぎ法律事務所のホームページ交通事故専門サイトをご覧ください!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日弁連の定期総会というものに参加してきました」2012-05-28(Mon)

 弁護士は、強制的に弁護士会という組織に加入しなければならないのですが、その弁護士会は東京都と北海道を除いて各都道府県に1つずつあり、例えば、私の場合、群馬弁護士会の所属ですが、それに加えて日本弁護士連合会という会にも所属しています。

 要は、すべての弁護士が日本弁護士連合会に所属しています。

 前置きが長くなりましたが、その日本弁護士連合会(日弁連)の定期総会(年に何回か、大事なことを決める会議)に出席してきました。

 日弁連というのは個々の弁護士が所属しているので、総会というのも個々の弁護士が参加します。

 現在、全国の弁護士は(たぶん)3万2000名ほどですので、東京ドームでやる必要がありますが、実際にはその必要はなく、マスコミによれば出席者は600名ほどだったそうです。

 ただ、600名しか定期総会に関心がないという訳ではなく、多くの弁護士がその600名に委任状を預けて、実質的にはなんらかの意思表明をしているという仕組みです。

 今回はその委任状を受け取って、皆の代わりに出席するという大事な任務を果たして来ました。

 さて、大分市で開かれた総会はすべての決議が可決され、その決議内容はマスコミを通じて公表されているので、それはいいとして、総会後のおいしい食事については家族に内緒なのでここでは書けず、食事の後に夜の大分市を散策したかどうかは想像に任せることにすると、結局、何も書くことがありません。

 ...すいません。

 まぁ、なんというか、それぞれの業界、会社内でいろいろな会合、イベントがあるものだと思いますが、ほぼ自営業者の集まりといえる弁護士会でもやはり人が集まると、だいたい同じようなことになるのだという当たり前の感想をいだきつつ、次に定期総会に出席する日が来るまで健康でいたいものだなぁ、と思いました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。