プロフィール

小川昌幸

Author:小川昌幸

弁護士が提供するサービスを、より身近にご利用いただけるよう工夫していきたいと思っています。

業務に関しては、弁護士法人せせらぎ法律事務所のホームページ交通事故専門サイトをご覧ください!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域でいちばん」2013-06-26(Wed)

 先日、お客さんに「先生の事務所は地域でいちばんですね」と言われました。

 いやー、ありがとうございます。とだけ応えましたが、おそらくそのお客さんは、東毛地区(群馬県の東のほう)でいちばん弁護士が多いですねという意味でおっしゃっていただいたのだと思います。

 確かに、東毛地区では弁護士3名というのが最大規模なので、その意味では私の事務所も一番です。

 しかし、内心では、もっと違う意味でいちばんだと思っています。

(ここからは自惚れが混じります)

 まず、事務員の人数と質、意識の高さでは、おそらくダントツのいちばんだと、自信をもって言えます。

 せせらぎ法律事務所の事務員は現在4名ですが、膨大な事務処理を慎重かつ丁寧に処理し、また、それをしつつも未知の手続きを積極的に調べて学ぶ姿勢を持っています。

 未知の手続に果敢にチャレンジするがために、たまには裁判所からのやさしいご指摘を受けることもありますが、それでも事務員であっても躊躇せずに自ら調べて処理に取り組むという点では、いちばんです。

 次に、情報処理でもいちばんです。

 事務所では、データをサーバーに集約し、電話の伝言なども即座に各弁護士の携帯電話に送信される仕組みを構築しています。名簿、事件簿、預り金、法律相談の内容の管理や、郵便物の発送、予約状況なども自前のデータベースで管理しており既製品のソフトではできない処理を実現しています。

 もちろん、各弁護士の予定もリアルタイムで事務員と共有していて、弁護士が不在でも予約や打ち合わせの日程確保が可能です。

 あまりに独自に構築しているので、今後の拡張のためには私の技術習得を待たなければならないという不便はありますが、ホームページに加えて、事件処理の為のデータベース構築が事務所の事件処理の正確性と迅速性を支えています。

 3つ目に、弁護士3名が、あーでもない、こーでもない、と話しながら事件を進めて行くという点でも、いちばんです。

 私たち3名の弁護士は、人には言えぬ三角関係にありますので(ウソです。飛田と私は受験の先輩後輩、飛田と中尾は司法修習の同期です)、しょっちゅう、だべってます。

 弁護士の業務は論理の積み重ねですので、弁護士が事件を処理するにあたって思考実験や想定問答をして方針を定めることが不可欠になってきます。

 もちろん、まずは一人でギリギリと思考を巡らすことが大事なのですが、持つべきものは議論相手、ということで、弁護士としての法的素養を持つ相手との議論は、間違いなく事件処理の質を高めます。

 それなので、質でいちばん、とまでは言いませんが、あーでもない、こーでもないと議論しているという点では、いちばんだと思います。

 以上、全編、自惚れ話でお送りしました。

 普段努力しているので、たまには胸を張って言わせていただいても良いのかなと...

 失礼いたしました。(_ _)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。