プロフィール

小川昌幸

Author:小川昌幸

弁護士が提供するサービスを、より身近にご利用いただけるよう工夫していきたいと思っています。

業務に関しては、弁護士法人せせらぎ法律事務所のホームページ交通事故専門サイトをご覧ください!

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分がどうしたいか、分からなくてあたりまえ。」2014-03-19(Wed)

 最近、せせらぎ法律事務所は、弁護士の求人を出しています。

 たくさんの良いご依頼をいただいているために手が足りない、ということもありますが、それよりも、やりたいことが多すぎて残りの時間が足りないような気がしてきた、ということが求人の大きな動機です。

 残りの時間というのはもちろん、私個人が、人生の中で職業人として働くことができる残り時間のことです。

 今の私には、やりたいことがたくさんあるようです。

 話はさかのぼりますが、大学を受験するときは地球環境のことを学んで仕事にしようと思っていました。しかし、記憶は定かではありませんが、大学に入学した頃には早くもそうした考えはどこかにいってしまいました。

 では、他にやりたいことがすぐに見つかったかというと、そんなことはありません。

 大学生になった後は、大学には行かず〜(以下略。私を大学に行かせてくれた両親もこのブログを見てるので(^^;)〜というようなことで、たまたま法学部に転部しました。

 法学部に行ったあとも、すぐに弁護士になろうと思ったわけではありません。

 すぐに就職活動の時期になり、いくつかの企業を回りました。ですが、やっぱり就職活動にも身が入りません。

 追いつめられる中で、自分の周りで就職活動をしていない人たちが司法試験を目指しているということを知り(今、考えると)就職活動をしないで済む方便として司法試験を始めました。

 社会人になるための決断から逃げに逃げた結果、司法試験を始めなければならないところまで追い込まれた、という感じかもしれません。

 ですが、もう逃げるところもありませんでした。

 そこで、バイトをせずに受験に専念するため、家賃が2万円くらいの風呂トイレなしのアパートに引っ越し、すべての時間を司法試験の勉強にあてました。

 たまに発狂してましたが、勝負事が好きな性格や、自分が考えた方法論を実証したいというような欲求があったためか、司法試験の勉強に集中すればするほど、楽しくなってきたように思います。

 その後、受験生活の本拠地を京都から東京に移し、同じような仲間達と共に勉強する環境を得て、3度目の試験で偶然にも受かることができました。

 今は、弁護士という職業と毎日の業務を、楽しく、充実して過ごしています。

 実は今日、太田商業高校というところで、出前授業というものに参加してきました。20名ほどの高校生のグループを相手に、私たちのグループは、医者と弁護士というペアで1時間ほどの授業を行いました。

 相手は高校2年生。進路を決断する大事な時期のようです。

 私は、決断を先延ばしにした結果、司法試験に挑むところまで追い込まれましたが、矛盾する表現ですが、おそらく自分でもそれを望んでいたのだと思います。今は、そんな気がしています。

 自分が本当に望むものがなかなか分からず、惰性と恵まれた環境の中で消去法的にたどり着いた、ということなのかも知れません。

 自分が本当に望むものを自分で分かるということは、とても大変なことだと思います。

 もし、すでに自分の目標などがあるのであれば、なんとしてもそれを実現できるよう努力したらよいと思います。周りの言葉に惑わされず、一度や二度の失敗や、皆から出遅れることや一人になることを怖れず、自分の道を進んで欲しいと思います。

 自分を知り、今できることを精一杯やることができれば、必ず未来は開けます。

 まだそうしたことが浮かばないという人も大丈夫です。みんなそんなものです。周りのプレッシャーを受けながら、世間との折り合いを付けつつ、自分のやりたいことを探し続けて下さい。探すことをやめないで欲しいと思います。

 私もこれからたくさんのチャレンジをします。

 もし力になれることがあれば、連絡をください。いつでも相談にのりますよ。高校生はもちろん無料(^^)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。