プロフィール

小川昌幸

Author:小川昌幸

弁護士が提供するサービスを、より身近にご利用いただけるよう工夫していきたいと思っています。

業務に関しては、弁護士法人せせらぎ法律事務所のホームページ交通事故専門サイトをご覧ください!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

リンク

スポンサーサイト--------(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夕陽と見るか、日の出と見るか」2015-04-06(Mon)

せせらぎ法律事務所のホームページのトップの画像は3枚の写真がスライドするようになっています。

そのうちの一枚の写真は、とある南の島のビーチサイドのホテルで撮ったものです。

そこに書き加えた一文が、今回のタイトルです。

裁判などは、多くの場合、自ら望むものでもなく、無駄で、嫌なものですので、なんでこんなことになったんだろうと落ち込むことも多いものです。

しかし、これまた多くの場合、それを引き起こした遠因は、これまでの自分を取り巻く経緯や行動によるものであることが多いものです。

何かが起きた時、これで自分は落ち目だと思って誰かに不満を持つのか、潜んでいた本当の課題に向き合う機会を得たと前向きに捉えるか、そこが人生の分かれ目です。

人生の分かれ目は、常に自分の中から生じます。
自分に起きたことを解決する力は、誰にでもあります。

良いチャンスじゃないですか、これからがスタートですよ、と物の見方を変えられる弁護士になりたいという願いを、トップページの画像とコメントに託しています。

さあ、新年度です。
張り切っていきましょう。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。